Nautilus

10年ぶりにsekai no owariのライブに行くことになったので、新しいアルバム「Nautilus」を聴いて予習しています。

セカオワといえば、育児で気力も体力も使い果たした私が、少しだけ回復してきた頃にはじめてできた推し! 当時は「推し」という言葉もなかったし、なんなら「セカオワ」という略称もなく、「世界の終わり」から「sekai no owari」に変わって間もない頃で、「セカイノオワリ」という言葉を言うのがちょっと恥ずかしかった頃です...。しばらく新しい(オンタイムの)音楽を聴いていなかったので、「スターライトパレード」をはじめて聴いたときにめちゃくちゃびっくりして、それ以来、それはもうたくさんのときめきを与えてもらいました。

その後どんどんメジャーになってしまって、チケット取るのも大変だしなんだかなぁ...となったけど、アルバムだけは欠かさず買っていました。でも曲の数もどんどん増えてだんだん追いきれなくなり、「捨て曲のなさよ!!!」と思ってた1stアルバムのような感動は、アルバムが出るたびに少しずつ薄れていったけど、今回の「Nautilus」、聴けば聴くほど、とってもいいです。

 

まず、有名な「Habit」なんですけど、この曲は、出てすぐに、「あ、懐かしい!」と思った。これは私がとにかく愛する1stアルバムに入っていそうな雰囲気なのです、イントロからして。初期のセカオワといえば、たまに揶揄されてた通り"中2病感"が漂ってて、ちょっと哲学的「風」というか、生きるとは?正義とは?人間はこれでいいのか?ぼくは存在の根源を問わずにはいられない!みたいな、青くて神経質な印象の曲が多かったけど、「Habit」は歌の内容もそれに近い感じ。でも同時に、昔の青臭さがとれて、熟練した感じも伝わってくるので、あの頃のこの感じ変わってない!と嬉しくて、でも進化してる!というのも感動的だったのです。

アルバムを通して聴いてると、他の曲にも、ピアノやギターのフレーズに昔の曲を思い出させるようなものがあって、変わってなさと、それをさりげなく入れてくる熟練感にとっても嬉しくなってしまうのでした。

あと、fukaseの曲っぽいと思っててもクレジットを見るとsaoriちゃんだったりして。以前は誰が作った曲か、もう少しわかりやすかった気がするんだけど、なんだかもう、誰が作っても「らしさ」がにじみ出るんだな、と、彼らはしっかり「セカオワ」らしさを共有しているんだなあとしみじみ。

昔、「みんなで一緒に暮らしてる」って言ってて、それにはちょっと驚いたけど、いまでも本当にずっと仲良しな家族みたいで、そこもセカオワ尊いポイントです。バンドはみんなそういうものと言われたらそうかもしれないんだけど、誰ひとりが欠けてもセカオワじゃなくて、4人でひとつのセカオワという生き物みたいだなあと思います。

 

で、

話がそれちゃったけど、

youtu.be

このMVは、4人の歩みがそのまま映像になってる感じで、それはもう尊い

喧嘩のたびに、fukaseくんがsaoriちゃんにケーキ買って仲直りするというエピソード、すごく初期に言ってたなあ、とか。部屋で漫画読んでたLOVEさんが仲間に加わるところとか。いろいろありながらも4人で一緒に歩いてきたこの感じ、ファンとしては本当にムネアツなのです...!

幼児を預けてライブに行くくらい私がドはまりしていた頃から、車でずっと聴いてきたムスメも中学生。英才教育が功を奏して、今回は彼女の希望でライブに行くことになりました。嬉しい。曲の数は増えたけど、相変わらず「スターライトパレード」ではじまり「インスタントラジオ」で終わるのかな?すごく楽しみになってきた!